病院

恐ろしい脳梗塞を予防!|定期検診DE早期発見

がんを標的とする治療

女の人

これまでのがん治療の方法でも治療できなかった場合でも、免疫治療を用いると治療できる可能性があります。患者の免疫細胞にがん細胞の特徴を覚えさせることによって攻撃させる技術が生み出されたからです。ただし、免疫系に直接覚えさせるのではなく、一度細胞を取り出して覚えさせ、身体に戻すということが必要です。

詳しくはコチラ

身近な医療機関

girl

内科の病院を利用する際には、他の診療科との連携がある都筑区の病院のような医療機関を選ぶと診療がスムーズに進みます。生活習慣病は合併すると負の連鎖を招くことが多く、身近に頼れる内科を持つことが健康を維持するためのコツです。

詳しくはコチラ

病気考えよう

病棟

街には多くの病院があるのですがありすぎてどこを選んでいいのか分からないということがあるでしょう。そんなときはネットでの口コミを参考にして情報を仕入れておくといいのです。そうすることでいざというときに焦らないで病院にかかることができます。

詳しくはコチラ

脳の血管が詰まる疾患

女性医師

病気の予兆

脳梗塞はいきなり倒れるといったイメージを持つ人もいますが、脳の血管が完全に詰まる前に、脳梗塞の予兆を示す症状が現れることがよくあります。どのような症状が出るかと言いますと、左右どちらかの手や足が動かしにくいですとか、顔のどちらか半分の側が麻痺したような感じがする、などです。症状の特徴としては、身体の両側ではなく片側に出るということです。そして、その予兆を示す症状は、しばらくすると消えてしまうことがあります。症状が出ているうちは心配していても、消えてしまうと忘れてしまって病院に行かないという人は多いです。けれども、脳梗塞は早期発見、早期治療がとても重要な疾患の一つですので、気になる症状があった場合には注意が必要です。

リハビリ

脳梗塞を発症した場合に、一番重要なのはいかに早く治療を開始するかです。これは、脳梗塞になると詰まった血管の先にある脳の領域に障害がでるためで、早く血流を回復することでそのダメージが軽く済むからです。そして、治療を開始してからは医師や理学療法士などの指示のもと、なるべく早くリハビリを開始することが良いとされています。それが、なるべく後遺症を残さず、日常生活を送れるように回復させるためのポイントです。大きな病気をすると、本人も周囲の人に頼ることが多く、また周囲の人もなるべく手助けしようという気持ちになります。しかし、リハビリの段階に入ったときには、医師や理学療法士などに許可された範囲で、できることはなるべく自分ですることで、回復を早めることが期待できます。

脳梗塞は現代人の多くの人が発症してしまうリスクがある恐ろしいものです。しかし、脳梗塞はその原因となってる事を理解しておくことである程度予防することが可能になっているのです。血管が詰まる原因は普段の生活習慣にあります。肥満体型であったり、普段から糖分や油分の多い食事を摂っていたり飲酒や喫煙をしているといった人は要注意です。これらの習慣を改善して、脳梗塞を発症してしまうリスクを最小限にするようにしましょう。